結婚指輪の憧れはカルティエ【一生に渡って使い続ける】

Menu

現在の平均的な価格帯

男女

あくまで目安ととらえる

婚約が決まった際に男性から贈られる婚約指輪は、いつの時代も女性にとって憧れの存在です。ただ購入する男性にとっては、どのようなデザインにするか、あるいは価格帯はどの程度にするか、頭を悩ませている人も少なくないでしょう。ここでは参考までに、現在の婚約指輪の相場と、購入の際に気をつけることについて説明します。婚約指輪の金額多くの人は給料3ヶ月分、という言葉が思い浮かぶのではないでしょうか。ブライダル専門誌や、アンケート会社などの集計によると、現在の所概ね30〜40万円くらいの間が平均的な相場となっています。給料3ヶ月分とはいきませんが、結婚指輪が男女合わせて20万円くらいが相場となっている所から比べると、婚約指輪の方が高価な指輪が選ばれているという事が分かります。これは日常使いが中心で、装飾の少ないシンプルなデザインが好まれる結婚指輪に対し、婚約指輪はダイヤモンドなどの宝石をあしらった、豪華な指輪が定番であることが反映された結果と言えます。勿論これは相場なので、これより低い価格帯や逆に高い価格帯も一定数以上の割合で購入されています。ここで気をつけたいのは、相場はあくまでも目安の一つという事です。経済状況が厳しいにも関わらず、無理して相場内の指輪を購入する必要はありません。相場よりずっと安い価格帯にも、素敵な婚約指輪は沢山あるので、自分の身の丈に合った指輪を選ぶようにしましょう。このことを示すように、年代別で見ると経済的に安定する高い年齢層になるほど、高価な婚約指輪が購入されている傾向がみられます。

Copyright© 2018 結婚指輪の憧れはカルティエ【一生に渡って使い続ける】 All Rights Reserved.